結婚の挨拶の服装は?

結婚が決まったらまずはお互いの両親への挨拶にいきますよね。

お付き合いしている時から会ったことがあるという方もいれば、結婚が決まって初めて相手のご両親に会うという方もいると思います。

どちらにしても、結婚するとなれば大きな節目ですので、きちんとしたご挨拶をしておくことが大切です。

訪問したときに好印象を持ってもらうためには、服装にも気をつけたいところです。男性と女性それぞれ、どんな服装がよいのか調べてみましたので参考にしてみてくださいね!

[quads id=1]

彼氏の実家を訪問編!彼ママ受けする服装は?

まずは女性のおすすめの服装です。ポイントは“清楚できちんとした女性”という印象を与えることです。

具体的には、「ワンピース」や「ジャケットとスカート」がおすすめです。

丈は座ったときに膝が見えないくらいのものにするとよいでしょう。色は原色系を避けてネイビーやオフホワイト、パステルカラー、サーモンピンク系などが控えめで落ち着きとかわいらしさを兼ね備えた雰囲気に見えるので好印象かもしれません。

髪色もナチュラルブラウン程度のトーンにしておき、服装に合わせてメイクも薄すぎず濃すぎずバランスをとりましょう。

ネイルはツヤ出しのみにするかナチュラルなものを塗ります。ストッキングも着用して、訪問の前に伝線などしていないかチェックしましょう。

念のため予備のストッキングをバッグに入れておくと安心ですね。靴もパンプスが原則です。

サンダルやミュールはカジュアル過ぎると思う彼ママもいるのでやめておくほうが無難です。彼ママに「この子なら息子としっかり家庭を築いていってくれそう!」と安心してもらえるようなコーディネイトを選びましょう。当日は素敵な笑顔とハンカチも忘れずに持って行ってくださいね。

[quads id=2]

彼女の実家を訪問編!失敗しない服装は?

次に男性におすすめの服装です。ポイントは“清潔感のある男性”という印象を与えることです。

基本的には、「きちんとアイロンのかかったビジネススーツ」がよいでしょう。

もう少しカジュアルな雰囲気のジャケットとパンツで行くという方もいますが、スーツのほうが無難だといえます。

ひげはきれいに剃り、靴もみがいておきます。当日は緊張で汗をかくことも考えられるので、ハンカチもアイロンをかけた清潔なものを持って行くか、タオルハンカチでもよいと思います。

髪型は整髪料で整えるなど、ぼさぼさでなく社会人として常識的な範囲のスタイルであれば問題ありません。

靴下に穴が空いていてあわてることのないように、新しいものを準備するか事前にチェックを必ずしておいてくださいね。

彼女のご両親にとっては「娘を任せても大丈夫な男性だろうか・・?」というのが一番大きな心配ごとです。

清潔感のあるきちんとした服装で、さわやかにハキハキと挨拶をしてご両親に安心してもらえるようにしましょう。

すでにご両親に会ったことがあるという場合でも、節目の挨拶になりますから、普段着で行くのではなく、気を引き締めてビシッと決めて訪問しましょうね。ちなみに同席する女性もきちんとした服装をして、彼の服装とバランスがとれるようにしておくのがおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?一般的には彼女の両親、彼の両親の順で結婚の挨拶に伺うようです。最近は、お互いの両親の都合によっては前後するということもあるようです。

ただ、挨拶の順番にこだわりがある方もいるので事前に確認しておくとよいかもしれません。

わたし自身のときはネイビーのワンピースにオフホワイトのパンプスを合わせて、小ぶりなネックレスと小さめのバッグという清楚スタイルだったのですが、ごちそうになった夕食をバクバク食べてしまい、本来の姿がばれました。

夫が挨拶に来たときはスーツを着てガッチガチに緊張していまして、わたしの両親が思わず笑ってしまうくらいでした。今まさに挨拶に行こうとしているお二人は緊張でいっぱいかもしれませんが、1年後にはよい思い出になると思いますので、しっかり準備して挨拶に伺いましょう。